web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

20代転職の転職活動と上がり症

   

上がってしまう理由と向き合おう

 20代でこれから転職活動を始めようとしているひとの中には、新卒時の面接の際、上がり症で苦労した経験があり、不安を抱えているひともいることでしょう。20代に限らず、上がり症のひとは少なくありません。

 ですが、「自分は上がり症だから、面接がうまくいくかどうかが不安」と考えていても、問題は解決しないのです。まず、自分がどうして上がってしまうのか、その理由を考えてみましょう。理由がわかれば、対策をたてることができるはずです。

上がりにくい自分になるために

 上がり症のひとの多くは、「相手に自分のことを面白いと思ってほしい」「実際の自分より少しでも良く見せたい」「完璧な質疑応答にしたい」など、自分で自分のハードルをあげているものです。ですが、面接官によって質問の仕方は違いますし、応募企業によって重視するポイントも異なるのですから、面接は絶対にマニュアル通りには進まないのです。

 面接で、自分が場をコントロールするのは無理なのですから、自分にプレッシャーとなるような課題を課さないことが一番です。「今日の面接では、これだけはクリアしよう」というテーマを決め、一つずつできることを増やしていくくらいの気持ちで、面接に臨むのです。

 とはいえ、本命の企業であれば、内定したいと思い、緊張してしまうのは自然なことです。そんなときには、「上がってしまってどうしよう」と考えるのではなく、「こんなときに緊張しない人間などいない」と、考え方を変えるのです。

 質疑応答で自己アピールが苦手だという自覚があるなら、履歴書や職務経歴書で自分について詳細に説明したり、自己PRの際に「入社の意欲が強すぎて緊張した」と伝えるのも、良いかもしれません。

 - 面接マナー

  関連記事

20代の転職で給与交渉するなら
20代で面接後のお礼状を出す意味とは
今の職場のこともしっかりと把握しておこう
面接の時に確認しておきたいこととは?
圧迫面接にあったときはどうする?
自己紹介は自分を相手に伝えるためのもの
no image
マナーを守ってこその面接