web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

20代女性の転職、結婚・出産について何て言えばいいの?

   

20代女性の転職結婚出産について何て言えばいいの
20代女性と言えば、すでに結婚をして子供がいる人もいれば、これから結婚をして子供を産むという人が多い年代でもあります。

この中で転職に一番有利なのは誰だと思いますか?「未婚の20代女性」は家庭に縛られることなく仕事に打ち込めると思われがちですが、実はそうでもありません。未婚の女性は企業にとっては「結婚・出産をして辞めてしまう可能性が高い人たち」でもあるのです。ですから、転職面接で「結婚・出産のご予定は?」と聞かれてしまうのも当然と言えば当然です。

ところが、結婚も出産も全く予定していない女性からすると、そんな質問をされても困りますよね。これから転職しようとする20代女性にとって、面接での結婚・出産に関する質問にどう答えたらよいのかという悩みは、意外と切実かもしれません。

しかも、「20代女性の結婚・出産問題」は、面接でどう答えれば良いかという悩みにとどまらず、人生において最も大事な問題でもあるのです。ここでは、20代女性が転職するにあたり、結婚と出産ということにどう向き合って行けば良いのか?についてご説明しましょう。

この記事でわかること
■なぜ企業は面接で「結婚・出産の予定」を聞くのか?
■転職は人生の計画を立てるきっかけになる?
■いつ結婚・出産しても良いように、女性は何をしておくべき?

 
 

企業側も知りたい、女性転職の結婚・出産の計画

なぜ企業は女性の転職者に結婚と出産の予定を聞くのか?それは、転職した直後に「子供ができたので辞めま~す!」と言われてしまうのを防ぐためです。企業が一番嫌がる転職者の行動、それは採用したとたんに辞められてしまうことです。

企業は中途採用者を雇うために、かなりのお金をかけています。求人サイトなどに求人を出す費用、採用活動のために人事担当者に掛ける費用、転職が成立した際に転職エージェントに支払う報酬、採用した人の教育のための費用、これらの多額の費用をかけた挙句すぐに辞められてしまったら、大損害なわけです。だから、女性の結婚・出産の予定を聞くのです。これは、企業を運営していく上で、当然のことですね。

ですから、雇われる側としても、転職後すぐに辞めるようなことはせず、結婚・出産の予定があるならば正直に話しておく必要があります。

本項の『一目でわかる』ポイント
採用したとたん辞めてしまう人を雇う企業などない!だから、女性に結婚・出産の予定を聞くのだ!
 
 

転職を機に人生計画を!

転職は女性にとって人生の計画を立てる絶好のチャンスです。「転職を機に人生計画しろ、と言われても・・・。私は転職をしたいだけなのよ!」と思うかもしれません。しかし、若い女性にとって、長い人生を一度考えてみるのは良い機会なのです。

女性の結婚・出産年齢は年々高まっている

次のグラフを見てもわかる通り、女性の初婚年齢と第一子出産年齢は年々高まっています。

20dai-tensyhoku-1-3
http://www.garbagenews.net/archives/2013446.html
出典:厚生労働省 人口動態調査における人口動態統計(確定数)の2014年版の概況

2012年の女性の平均初婚年齢は29.2歳、平均第一子出産年齢は30.3歳です。今や、20代のうちに子育てを終わらせるという人の方が少なくなりつつありますね。20代のうちに子育てを終わらせてしまうのか、子育ては後回しにして20代のうちにキャリアを形成するのかは、多くの働く女性が悩むテーマでもあります。

今の職場で働きながら育児ができるの?

女性は出産をすると必ずキャリアが一時中断します。「育児環境が整っているので、産後2か月ですぐに仕事に復帰できます」、というのであれば大した問題ではありません。しかし、そんなに恵まれた人はほとんどいません。「夫は激務、親は遠方でどちらも頼れない」「保育所激戦区で、預かり先が無い」など、子供ができてしまうと働くに働けない状況の女性もいます。

育児休暇が取れる職場なら良いですが、取れない場合は退職となります。その場合、今のあなたの状況で再就職は可能でしょうか?仕事のスキルや資格が無い場合、再就職は困難になります。このように、結婚・出産にはリスクが付きまとうことを認識しなければなりません。

転職する時にこそ考えたい、女性の人生設計

今現在転職しようと思っているのであれば、転職後最低でも2,3年は仕事を続けなければ育児休暇を取ることは難しいはずです。

今転職をして実績を積んでから結婚・出産という人生設計で良いのか?出産後も仕事を続けられるのか?出産後に退職したら、再就職できる当てはあるのか?「面接で結婚・出産について聞かれるから」ではなく、女性は転職を決めたら一度人生設計について考えるべきなのです。

本項の『一目でわかる』ポイント
結婚・出産によるリスクを正しく認識し、人生設計をしっかりしておくことは、転職をする上で重要なことです。
 
 

いつ結婚・出産で休職しても良いようにキャリア形成しておくのがベスト!

これから結婚・出産を考えている女性が今のうちにできること、それは、いつ結婚・出産をして休職または退職しても良いように、キャリア形成をしておくことです。

もちろん、今後結婚・出産を考えているなら、育児環境が整った転職先を探す必要があります。転職してすぐに育児休暇が取れる職場なら良いですが、あまりそういう職場はないでしょう。ですから、育児休職が認められるように、しばらくは仕事の実績をあげておく努力をしなければなりません。

最悪退職となった場合にも、いつでも再就職できるように資格を取ったり、技能を身につけたりしておくことは、必ず助けになるはずです。

本項の『一目でわかる』ポイント
育児休暇が認められる転職先を探し、休職前にキャリア形成をしておく、または退職しても再就職がしやすいようにスキルを身につけることが大事!
 
 

この記事のまとめ

■企業が面接で女性の結婚・出産の予定を聞くのは、採用後すぐに辞められないようにするためのリスク管理。転職後すぐに辞めることのないようにし、結婚・出産の予定は正直に話しておこう。
■結婚・出産によるリスクを正しく認識し人生設計をしておくことで、転職で損をすることを避けることができる。
■結婚・出産前にキャリア形成しておくことは、キャリアが中断しても再就職を容易にする。
 
 
 

 - コラム

  関連記事

中途半端なスキルに頼るのは危険!20代の転職にあるべき姿とは?
日本も年収100万円の時代に突入か
20代の転職は応募できる求人数が多いことを活かそう
20代の転職に専門化した相談会が開催される
no image
軽い気持ちで転職を考えるのは危険
no image
転職は事前準備が大切
no image
女性は20代が転職の限界?
苦手な電話を克服しよう
no image
20代若者の望み
戦う哲学者からの20代の若者へのアドバイス