web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

20代の転職活動期間は長い?短い?短くするための方法とは?

   

明暗が分かれる20代の転職

 明暗が分かれると表現すると大げさかもしれませんが、敢えて表現するとなれば、こうなるのでしょう。20代の転職というのは、あっさりと決まってしまう人もいれば、その一方で、なかなか決まらない人もいるのが現状のようです。

 あっさりと決まってしまう人は、それこそ2週間前後で転職できてしまう人も多くいます。年齢が若い人材は重宝されますし、10年にも満たない社会人経験であっても、そこでしっかりと基礎等を学んでいればニーズは高いはずですから、数週間で次の勤務先を決めることができてしまうのでしょう。

 ただ、10年にも満たない社会人経験が逆に、「経験不足である」と捉えられてしまう人は、半年ほど転職するのにかかってしまうことも珍しくはないようです。転職活動期間という点で見れば、30代ほどの安定感はないのかもしれません。

タイムリミットを設けよう

 できる限り早くに転職したいと思うのであれば、最初にタイムリミットを設けることです。お尻を決めてしまえば、それに向かってどうにか動くしかありません。そのタイムリミットが限界である、と自分に思い込ませることも必要ですし、計画通りに物事を進めていく強い意志も求められるでしょう。

 いつまでに転職をする、というタイムリミットを一切設定しない人は、転職活動にかかる期間が延びるリスクあり。20代なら思い切って応募から1か月くらいの期間を目標にし、そこにタイムリミットを設定してみてはどうでしょうか。

 自分で自分のお尻を叩く、若い転職希望者にはこのくらいのことが必要なのでしょう。

こだわりを絞り込もう

 転職するのが厳しいと言われる年齢の人であれば、こだわりを捨てることを考えなければ、転職活動期間を短くすることはできません。しかし、20代であれば、年齢的にもニーズは高いはずなので、こだわりを全く捨ててしまう必要はないでしょう。

 ただ、こだわりを絞り込むことは考える必要があると思います。給料、環境、上司、勤務地、職種、業種、福利厚生、規模、業績、役職などの全てに満足のいくような転職を望めるのはごく一部の優秀な限られた人だけ。それ以外の人は最初からどれかにこだわりを絞り込むようにしてください。

 そうすれば、結果的にはそれなりに納得のいく転職先を、短い活動期間で見つけることができるはずです。

<参考>
20代で転職する場合の基準とは?
20代が転職を考えるのならどのように計画していくべきか
転職をすることとやりたいことの判断
今の職場と比較して考えていこう
20代の転職は在職中に!

 - 20代の転職準備

  関連記事

転職を成功させるための3つのコツとは
20代が転職を考えるのならどのように計画していくべきか
20代の転職は在職中に!
no image
転職をすることとやりたいことの判断
転職活動に失敗しない5つの事前準備とは
no image
今の職場と比較して考えていこう
選択肢が多いからこそ危険!20代でブラック企業に転職しないために