web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

20代で転職するなら自分のアピール力が大切!

      2016/09/09

今の時代は定年まで一つの場所で働くという事の方が珍しい時代です。
仕事をしながらも転職を考えている方は多く存在します。

そこで、自分をよく知って、上手に売り込む事で、自分が転職先を選べる立場になる方法をいくつか上げていきたいと思います。

1. 転職するにあたっての準備

自分が次、どんな会社に就きたいか、どんな職種へ行きたいかなど考える事は色々です。

そして、自分が今まで仕事してきた中で得たことや学んだ知識などを振り返る時でもあります。
転職したい企業が見つかれば、その企業について調べる事や、商品があれば使い、よりその企業に近づける範囲で情報を集めなければなりません。

ここでの準備とは、考える事の準備と、会社についての情報収集の準備をしなくてはなりません。

2. 書類の準備と作成

自分をまず、アピールする方法は今現在の日本では履歴書、職務経歴書が一般的です。

そして、実際に対面で話をする面接になります。
何も知らない人、企業へのアピール方法は、履歴書が始まりになりますからいかに魅力的な書類が自分を売り込むのに大切かをお話しします。

転職するにあたって企業さんに「履歴書を送ってください」と言われた場合でも、必ず職務経歴書を添付する事が重要になってきます。
また、《送る》場合については、必ず添え状を付ける事が大事です。
(これがある、ないだけでもかなりの印象の違いが出てきます)

履歴書だけでは、高校、大学を卒業した後の自分の足跡しかわかりません。
その中で何をしたのか、どんな職種だったのか、どんな功績を残せたのかなどが詳しくわかりませんので、職務経歴書で自分を存分にアピールする必要があります。

3. 自分という人間を見つめ返す

履歴書や職務経歴書で自分をたどっていくと思い返すうちにいろんな事がよみがえってくるものです。

その中で自分の長所、短所を必ず明白にしておくことは、とても大切になってきます。これは、面接でよく聞かれる《あなた自身の事》でもありますので、そこで自分自身の事をちゃんとわかってこそ言える事であり、仕事に通ずる事にもなります。

面接となれば、仕事に対する事だけの話ではなく、《あなたという人間を見る時間》になる事を忘れてはならないのです。

自分をしっかり売り込むには、自分が自分をよく知っていないとできません。

4. 面接での会話

マニュアルなどありませんが、より自分を魅力的に見せる事が出来、「是非わが社に来てほしい」と思わせるためには、自分が堂々と話せるようになることが大切になります。

人は、自分が自信をもって話しできる事や知っている事は堂々と話しをする事が出来ますが、自分の自信のない話になると、下を向いて話をする傾向にあります。

緊張することは決して悪いことではなく、むしろ面接官にとってはいい傾向ではありますが、採用に関しては募集人数が多ければ多いほどより良い人材を選ぶ事になりますので、《人間力》が試されるという事になります。
たった数十分の面接でも、面接官との会話のやり取りで、コミュニケーション能力を見られる場合もあります。

5. 企業側の立場を知る

そもそも一人の採用に対して何十人も、人気の職業であれば何百人もの応募があります。

その応募者の中から、書類のみで人を選び、面接まで手配するのですが、採用になるまでどれほどの人材と労力がかかっているかご存知でしょうか。
自分の仕事と平行し、仕事を進めるので正直言って採用に掛ける時間は短くしたいものです。

書類審査で落とされてしまうと、せっかくの自分自身のアピールもできないままに終わってしまいます。

書類も魅力的に、尚且つしっかり目に留まるような内容であり、しっかりと添え状を付ける事、人よりも飛び出て見えるような一歩先を進む書類にすることが大切であるという事です。

20代での転職という事は大卒、高卒の新卒者のように初めての就職という事ではなく、就職の経験があっての転職になります。
今では転職者の募集など、新卒以外の人をあえて雇いたいという企業が増えてきています。

それは《経験》があるからです。
基本的な立ち振る舞い、マナー、挨拶などは論外になりますが、それも含めて見られています。

マニュアルなどありませんが、より自分を魅力的に見せる事が出来、「是非わが社に来てほしい」と思わせるためには、自分が堂々と話せるようになることが大切になります。

人は、自分が自信をもって話しできる事や知っている事は堂々と話しをする事が出来ますが、自分の自信のない話になると、下を向いて話をする傾向にあります。
どんな事でも、一生懸命に話をすることや、上手に話せなくても堂々としている事はとてもプラスになります。

そして印象が強くなります。
いつの時代も一生懸命さや向上心というのは企業でも評価されるので、良い人材と思われる事間違いないでしょう。

hyou-1

 - 未分類

  関連記事