web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

20代が転職を考えるのならどのように計画していくべきか

      2016/02/15

転職活動が長くなることを覚悟して考えよう

 20代で転職をしようとすると、どのくらいの転職活動期間が必要なのでしょうか?個人差があるでしょうが、通常は3か月~半年くらいはかかっていると考えましょう。何社受けても内定が出ない人もいますが、希望条件を多く設定しすぎていないかどうか?チェックをしてみるべきでしょう。

 20代で転職をするとなれば年齢によっても違いますが、スキルやキャリアが十分ではないことが多いです。

 どんな業種・職種に入るにしても、プロの仕事と呼ぶにはまだまだな時期です。転職をすると考えてもすぐにできるものではありません。転職活動は“即戦力”勝負ですから、特に中途採用は入社してからすぐに独り立ちできることが暗黙に求められるのです。未経験職種に入りたい20代も多いですが、なぜ未経験なのに志望しているのか?説得力のある志望動機が必要であると言われます。

 その転職活動をしている間にも今の所属先の仕事はこなしていかなければならないのです。そうなればその仕事側にも時間を割かなければならないので、転職で使う時間はある程度制限されてしまいます。そうした理由があるので転職活動は長くなることを覚悟して計画を立てていきましょう。独り暮らしの人はある程度貯蓄が出来てから転職活動を始めましょう。

転職先が決まるまで、仕事は続けよう

 今の仕事を辞めれば転職活動に思う存分時間が割けていいのでは…と考える人がいるかもしれませんがなるべく在職中に転職活動をしましょう。というのもその間は当然無収入になる上に、自己都合で退職したということになるので、転職先の面接の際に不利になることが多いからです。

 採用担当は在職中の転職希望者を高く評価し、高待遇で迎えようとする傾向があります。失業中の転職希望者ですと、同じ年齢やスキルであっても“このくらい出せば来てくれるだろう”という思惑が採用担当の頭の中にあるために、安く買いたたかれる危険性すらあるのです。

 確かに転職活動はすぐに終わるものではありませんが、だからといって仕事を辞めてしまえばかえって様々な弊害が出て余計に進めにくくなってしまいます。ただ、明らかに職場が問題があるところな場合には話が別です。そこで仕事をしていくとなれば精神面に問題が出てそちらの方面で転職活動に支障が出る可能性があるので辞めるという選択肢も考慮してもよいかもしれません。

 しかしよほどのブラック企業ではなく、安定した給与がもらえている会社であるなら、転職願望があるからといって辞めてしまうのは最終手段にしたいものです。
 

<参考>
20代で転職する場合の基準とは?
転職をすることとやりたいことの判断
今の職場と比較して考えていこう
20代の転職は在職中に!
20代の転職活動期間は長い?短い?短くするための方法とは?
 
 
 

 - 20代の転職準備

  関連記事

20代の転職活動期間は長い?短い?短くするための方法とは?
選択肢が多いからこそ危険!20代でブラック企業に転職しないために
転職活動に失敗しない5つの事前準備とは
20代の転職は在職中に!
no image
転職をすることとやりたいことの判断
no image
今の職場と比較して考えていこう
転職を成功させるための3つのコツとは