web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

20代の転職者は内定の返答をどうすべき?

   

内定の諾否を伝える期限は?

 応募した企業から内定の連絡がきた場合、入社の諾否の返答をしなければなりません。ですが、20代の場合は、複数の企業に同時に応募していることが多いですし、内定先から労働条件の詳細について、きちんと説明を受けていないケースも考えられます。

 まず、内定の連絡がきたときに、入社後の労働契約内容が書面で届いているかどうかを確認し、書面の内容が納得いくものであれば、すぐに入社受諾の連絡を入れましょう。

 ですが、勤務先や給与、休日といった、法的に書面で伝えることが義務付けられている内容が書面で確認できていない場合は、「諸条件について、確認してから返答したい」と伝え、すぐに内定先を訪れる機会をつくり、そのうえで、諾否を伝えるべきです。

 入社の諾否を伝えるのは、内定連絡から2~3日が一般的です。待ってもらえても、1週間が限度であることを、覚えておいてください。

もし他社の結果を待ちたいなら

 20代の転職希望者の場合、同時に受けた企業の結果によっては、内定先を辞退したいと考えることもありえます。その場合、内定先に「他社の結果を待ちたい」とストレートに告げるのは、得策ではありません。

 「家族が今回の転職について話をしたいとのことなので、説明のために帰省することになりました。家族にも理解してもらったうえで御社に入社したいので、申し訳ありませんが、入社の返事を待っていただけませんか?」など、入社の意思があることを感じさせるように、お願いしてみましょう。

 ただし、入社の返答が1週間以上となると、申し出た時点で内定取り消しになるリスクを負うことにもなります。内定の返事を保留するリスクも十分に考えて、内定先に申し出るようにしましょう。

 - 円満退職・入社準備

  関連記事

恥をかく前に知っておきたいビジネスメールのマナーと常識
試用期間の仕組みを詳しく知っておこう
20代で転職する際に引きとめがあったら自分の意志をはっきりと示そう
退社と退職、使うのならどちらが適切か
退職届の書き方と注意点
その日になって慌てない!初出勤までにしておきたいこととは?
20代が転職先に溶け込むために気を付けたいこと
20代転職者の円満退職はどうなのか
転職だからこそ入社の際に確認すべきこと
事前に用意しておきたい退職証明書