web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

20代が転職先に溶け込むために気を付けたいこと

   

20代は仕事を教わるという気持ちを忘れない!

 20代で転職を果たした背景には、前職への不満や自分の適職探しなど、何がしかの理由があるはずです。自分のキャリアを考えての行動の結果ですから、転職先で仕事をがんばろうという意欲に燃えていることでしょう。ひとによっては、前職の経験を活かして、結果を出そうと意気ごんでいるかもしれません。

 ですが、企業にとっては、20代を即戦力として採用することはほとんどありません。将来性と意欲を見込んでの採用であることが、普通です。だからこそ、新たな上司や先輩たちから、その企業の慣例やルールを教わり、一日も早く役に立とうという謙虚さを忘れてはいけません。

 自分の仕事を一生懸命行うのはもちろん、職場に一日も早くなじみ、自分のポジションをつくるためにも、同僚や先輩の仕事を積極的に手伝うよう、心がけましょう。

入社3カ月は注意深く過ごそう

 中途採用者を受け入れる既存社員は、必ずしも新入社員を好意的に迎え入れるとは限りません。そのため、遠巻きに新入社員の振る舞いを見ている既存社員も少なくないのです。入社後1カ月もすれば、社内に気軽に話ができるひとも増えるでしょうが、そこで慣れて、謙虚さを失うと、後で自分の首をしめかねません。

 新入社員は、入社後3カ月は何かと注目を集めるものです。その間は、常に謙虚な姿勢で周囲に接するようにしましょう。目を見張るような仕事の成果を上げていれば別ですが、20代が自分一人の力で成し遂げるのは難しいものですし、上司や先輩のサポートがあるのであれば、感謝の気持ちを周囲に伝える方が、ずっと職場の居心地がよくなるはずです。そして言うまでもありませんが、遅刻・早退・欠勤は避けましょう。
 

 - 円満退職・入社準備

  関連記事

20代の転職者は内定の返答をどうすべき?
試用期間の仕組みを詳しく知っておこう
転職だからこそ入社の際に確認すべきこと
恥をかく前に知っておきたいビジネスメールのマナーと常識
事前に用意しておきたい退職証明書
その日になって慌てない!初出勤までにしておきたいこととは?
退社と退職、使うのならどちらが適切か
20代で転職する際に引きとめがあったら自分の意志をはっきりと示そう
退職届の書き方と注意点
20代転職者の円満退職はどうなのか