web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

軽い気持ちで転職を考えるのは危険

   

20代は体力・気力ともに充実しています。学校を卒業して社会人として歩みはじめる人も多いのはないでしょうか?
長引く不況で大学への進学率が上昇する中、就職状況にも大きな変化がみられるようになりました。
それは「転職」を考える人が増えているということです。
日本社会では転職自体、あまり良しとされない傾向がありました。とある採用者は「履歴書を見て転職回数が多いとその時点でアウト」と語っているほどです。
転職する人に向けられる目としては「長続きしない」「根性がない」「あきやすい」といったマイナス要素が多いようです。
能力があるから数多く転職できるとは、なかなか見てもらえないようですね。
転職をするなら最初の企業に入社して3年経過してから、そして女性であれば28歳まで、男性であれば35歳までが望ましいといえるでしょう。
このことから20代の転職はけっして悪いことではありません。しかし2012年はNECやソニーなど日本を代表する大手企業でリストラが敢行され、20代の若者ですら「自分もいつリストラされるかわからない」といった危機感を抱いているという記事が掲載されています。
「明日はわが身」まさにこの言葉がピッタリでしょう。近くでリストラをされている人をみたら、「自分は大丈夫」なんて思えないですよね。
こうした動機で会社に嫌気がさし、転職を考える大手企業の若者も増えています。いい理由の転職なら応援したいところですが、こうした背景で将来に希望がもてないといった理由の転職は、なんだかせつなさを感じますね。

 - コラム

  関連記事

no image
派遣から正社員として転職するためには
戦う哲学者からの20代の若者へのアドバイス
新入社員の苦悩と短期間で辞めると本当に転職できないのか?!
no image
女性は20代が転職の限界?
no image
飲食業界に転職する際の重視するポイント
no image
若くして転職を考えることは「堪え性がない」とイコールではない
働きながらと辞めてから、どっちが転職に有利?
no image
若いうちにいろんな職業を体験すべき?天職を見つける努力
転職は事前の準備で決まる。体験を通した転職活動アドバイス
no image
転職に必要なのは資格か職歴