web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

転職と企業努力の関係

   

 これまで一度も転職を考えたことがないという人は少ないと思いますが、では私たち日本人はいったい何時頃から転職を考えるのでしょうか?ここに興味深いひとつのニュースがあります。転職支援サービスのDODA(デューダ)を運営しているインテリジェンスが、DODAに登録したなかでこれまで転職経験がない22~65歳の大卒5万人を無作為抽出したデータを発表しました。
 それによると転職を考え始めるのは25歳と26歳が最も多かったのです。つまり大学を卒業して、3~4年目で転職の二文字が頭をよぎるようです。このデータの結果はなんとなく分かるような気がします。つまり新卒で会社に入社して3~4年間は仕事を覚えるだけで精一杯で、自分のことを客観的に見る余裕もないと言うのが本音だと思います。

しかし3年もすると社会人としても、自分の立ち位置がだんだんと見えてきます。このまま同じ会社でこれからも働いた場合に、自分の将来もだいたい想像がつきます。この調査では20代で転職を考えた人の数は、70%近くにも上っています。この数字が表しているのは会社が昔のように、一生つとめる場所ではないということです。

戦後の終身雇用や年功序列などの言葉は、すでに死語になっていることの表れとも言えます。これからはさらに20代で転職を考えたり、実行する人の数は増えるだろうと思われます。雇用側の会社も新卒の学生を一人前に育てるのに3~4年は掛かるわけだから、自社の従業員が転職を考えないような魅了ある会社にしていく企業努力も求められるでしょう。

参考データ
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120823/trd12082308060010-n1.htm

 - コラム

  関連記事

苦手な電話を克服しよう
no image
転職に必要なのは資格か職歴
25歳1ヵ月の史上最年少で東証マザーズに上場した村上太一社長
転職成功のため、自分を客観的に観てみよう
no image
転職の強みになるスキルを身につけよう
no image
転職は事前準備が大切
働きながらと辞めてから、どっちが転職に有利?
20代の転職に専門化した相談会が開催される
no image
20代若者の望み
転職を成功させるための3つのコツとは