web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

確かにある正規雇用と非正規雇用の違い

   

“受け取れるもの”に違いあり

 正規雇用と非正規雇用の違いは、“受け取れるもの”にあるのではないでしょうか。どちらも受け取れるが、どちらかが優位なもの、あるいは、どちらか一方しか受け取れないもの。こうした分け方もできると思います。

 どちらも受け取れるが、正規雇用が優位なものに賃金があります。同じ業種・職種で、非正規雇用の方が賃金が上であることは先ず有り得ません。どちらか一方しか受け取れないもので言えば、ボーナス、社会保険の加入、福利厚生、こうしたものは正規雇用のみ受け取れる会社が多いはずです。仮に非正規雇用も受け取れたとしても、やはり正規雇用の方が優位であることは揺るがないでしょう。

どちらが優位とも言えない違い

 正規雇用と非正規雇用の違いと言えるが、しかし、どちらが優位か決めるのが難しいものもあります。例えば、雇用期間です。正規雇用の雇用期間は無期。つまり、ずっと同じ会社で働くのが通例。非正規雇用は有期ですから、一定期間が過ぎれば他の会社に移るか、同じ会社で働き続けるなら新たな契約上の手続きをする必要があります。

 ずっと同じ会社で働きたい、その方が安心できるから。そう思う人もいれば、いろいろな経験をしたいし働く場所を変えたいと思った時に変えやすいから非正規雇用の方が良い。そういう人も存在しているのです。

 責任も同じように、重い方がやりがいがあって良いと感じる人もいれば、責任はやはり背負いたくないと感じる人もいる。正規雇用は責任が重く、非正規雇用はそれほどでもないので、この違いもどちらが優位とも言えないのかもしれません。

正規雇用から非正規雇用になるのは有り?

 あなたはこれから転職しようと思っているのかもしれませんが、もし正規雇用として働いている、あるいは働いていたのであれば、転職後も正規雇用で働くことを選択した方がいいのかもしれません。もちろん非正規雇用として働くことも無しではありませんが、20代は正社員として雇用してもらうチャンスが最も大きいですから、その機会を逃すのは勿体ない。

 非正規雇用を選択するとすれば、正規雇用の働き方に疲れていたり、やりたいことを見つけるまでの繋ぎであったり、やりたいことを突き詰めていったら非正規雇用しかなかったなどの場合に限られます。正規雇用でも問題なく働けるのであれば、転職先はそこを目指すことの方が大きな意味が見つけられるはずです。

<参考>
転職先の企業はどのように探していくのか
求人情報で見るべきポイントとは
転職サイトのスカウト機能は利用すべきものなのか
利用して損はナシ!転職支援サービスを徹底分析!

 - 求人探し

  関連記事

20代でも転職エージェントを使おう
求人情報で見るべきポイントとは
no image
転職先の企業はどのように探していくのか
転職サイトのスカウト機能は利用すべきものなのか
利用して損はナシ!転職支援サービスを徹底分析!