web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

圧迫面接にあったときはどうする?

   

転職したいはいいけれど

 20代転職希望者。若いので求人案件は他の年代と比べて豊富にありますから、転職を決心したら出来るだけ早期に活動を始めるのがいいでしょう。時間は有限ですからやりたい仕事への早期転換は大切です。

 一方、堪え性がないために転職するのだとしたら、この期の転職が癖になって、将来に亘って会社も身分も、給料も不安定な一生を送りかねない分かれ道でもありますので、若いとはいえ、くれぐれも転職は慎重に行なうことが何より重要です。

 そのうえで転職したとします。転職の意思は固く、進みたい方向も決まっていて意気揚々と採用試験に挑みます。そこで思い掛けない罠がまっていることが少なくないのです。会社という整然とした大人社会において、それもこれから優秀な人材を迎え入れようとする採用試験の場において、意地悪な質問、威圧的な質問が出される場合があるのです。先述したようにこれは罠ですが、このようないわゆる「圧迫質問」を受けたら、いくら心の準備をしていても内心穏やかでいるのは難しいというのが実際の話でしょう。

 だからこそ、この場面の如何に冷静に、理路整然と乗り切るかが試されるというわけです。単に転職したいという思いだけで臨むのではなく、採用試験というものの実態を知ることも早期に転職を実らせるための重要な戦術なのです。

圧迫面接克服法

 圧迫面接は、被験者を怒らせようとします。答えにくい難題を敢えて見付け、如何に答えるかを試験します。こうした如何にも意地悪な質問ですが、組織で動く会社にあっては、常に冷静さを保ち、自分を維持し、的確な判断ができる人材であるか否かを判断するうえでとても簡単な試験方法なのです。

 このように決して悪気はないものであるということをまず理解してください。そのうえで考えてみてください。これまでの人生の中で怒りを露わにした経験は恐らくあるでしょう。しかし時間が経つと、そうした怒りを露わにした自分を後悔し反省することも少なくないと思います。そして次に同じような場面が現れたら、私たちは対応の仕方を工夫するのです。そうした繰り返しです。

 しかし、A社の面接は一度きりです。圧迫面接の罠にはまったら、二度目はないのです。このことをよくよく肝に銘じて、“圧迫面接大歓迎”の意気込みで臨むことが大切です。

 - 面接マナー

  関連記事

20代転職の転職活動と上がり症
20代で面接後のお礼状を出す意味とは
今の職場のこともしっかりと把握しておこう
自己紹介は自分を相手に伝えるためのもの
面接の時に確認しておきたいこととは?
no image
マナーを守ってこその面接
20代の転職で給与交渉するなら