web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

まだ20代!可能性を広げる業界別有望資格ランキング

20代の転職では、意外なところに発見もある

 20代での就職や転職の際には、正直なところ、自分の向き不向きが客観的に見えていない場合もあります。そのような時は適性検査や診断テストなどを受けて客観的な判断や結果で視野を広げてみるのも、仕事探しのひとつの方法です。結果は、あくまでも目安に留まるかもしれませんが、自分自身では考えていなかった業界や仕事などにも、あなたを活かせる場の新しい発見や、ヒントになることが多いからです。

会社の将来像とマッチした将来像を示そう

 あなたの目標や将来像に何らかの具体性が感じられ、しかもそれが会社の将来像に沿っているものであれば、高く評価されることに違いありません。逆に全くそれがブレてしまっていたのでは会社にとって望ましいことではありません。将来像は過去の経験や、今、努力している事などから展開させることも可能です。面接の受け答えでは、会社の方向性も掴んだ上で自分の将来像を示すように心掛けることが重要です。

選択肢を広げる努力を惜しむな


 どんな資格が就職に有利か?という質問をよく耳にします。この点については、資格を持っていないと就けない専門的な仕事であれば、その資格にターゲットを絞り易いですね。そうでなかったとしても、どんな資格にせよ 持っていないよりは持っている方が遥かに心強いですし、いざと言う時に何かの役に立つことは多いです。特に語学力などはそれに該当しますね。

 また、それを取得する途中であったとしても、その努力の姿勢は評価に値することも考えられます。これから取得する資格選びでは、長い目で見た将来像を描いた上で、どういう働き方をしたいかに結び付けて分類すると自分に合った資格選びが可能になります。

(ニーズ資格)×(マイ将来像)=(転職成功)

 資格取得を目指す際には、自分の将来像を社会や企業のニーズとすり合わせをしながら選ぶのも賢明です。そこでビジネスの現場で実際に必要とされている資格にも注目してみましょう。ここでは業界ごとに分類したランキングをご紹介します。

~2013年 有望資格ランキング~

財務/会計/金融 法律 建築/不動産 経営/人事/広報 営業
1位 税理士 弁理士 不動産鑑定士 技術士 宅地建物取引主任者
2位 アクチュアリー 司法書士 一級建築士 中小企業診断士 基本情報技術者
3位 公認会計士 社会保険労務士 土地家屋監査士 1級販売士 消費生活アドバイザー
4位 USCPA(米国公認会計士) 1級知的財産管理技能士 不動産コンサルティング技能試験・登録制度 2級キャリア・コンサルティング技能士 TOEIC
5位 CFA(CFA協会認定証券アナリスト) 行政書士 インテリアコーディネーター 産業カウンセラー ファイナンシャル・プランニング技能検定2級

(資料:日経キャリアマガジン)

上記のランキングでは難易度の高い資格も多いですが、20代の若さを武器に実際の現場で学びながらじっくりと狙うことで、将来の転職を目指すことも可能です。

20代のための連載特集

  1. 不安は準備不足の現れ!転職前の徹底準備法
  2. まだ20代!可能性を広げる業界別有望資格ランキング ⇐今ここ
  3. 「とりあえず」で登録するな!失敗しないための転職サイトの選び方

この記事はお役に立ちましたか?シェアしてもらえたら幸いです。

公開日:
最終更新日:2014/11/28