web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

不安は準備不足の現れ!転職前の徹底準備法

スキルやキャリアの少ない20代でもチャンスは掴める


 20代では特に目立つプロジェクトに関わるとか、功績を果たすまで至らなかった方も実際は多いことでしょう。そのケースでは自己アピールの素材が見つからないとか、その方法が分からないという悩みを良く目にします。

 そこでの解決策のヒントをお教えします。それは、実績という結果だけに拘らずに自分が今までの職場や様々な経験の中で努力してきた事に対するプロセスを上手にアピールするという方法です。あなたの仕事に対する取り組み方や姿勢、困難に立ち向かった時の対処などを認めてもらう自己アピールができれば、「あなたの将来の伸びしろ」を買ってもらえる可能性は大きいです。

ライバルに差が付くアピールで攻めろ!

 一歩踏み込んだアピールで同世代のライバルに差を付けることは可能になります。例えば、よくありがちな志望動機もこんな風にチェンジすると評価のポイントアップに繋がるという例を以下に紹介します。

よくありがちな志望動機 こんな風にチェンジしよう!
会社の製品やサービスが魅力的である 例えば同業者に似たような製品やサービスがあれば比較して訴える。時には更に魅力的な構想を掘り下げて語る等の手段も。
会社に憧れの人材がいる 人物に対する憧れだけに終わるのではなく、自分がその会社でどのように関わりたいかをアピールしながら仕事やビジネスそのものに対するモチベーションの高さも訴えてみよう。
会社の将来性に魅力を感じる 会社の将来性に乗っかるという受け身に思われがち。その環境で自分も高めたいという前向きな姿勢、会社の伸びに貢献したいという意欲、会社にとって利益になる人間だと思われる表現なども加えてみよう。

”落とされそう”な不安要素を潰していく

 不安というものは大抵の場合、準備不足から来るものです。かの有名な故スティーブ・ジョブズは5分間のスピーチのために数百時間の準備を費やしたという話はご存知でしょうか?「落とされそう」という不安がつきまとうのであれば、まずあなたが面接官だったとして、どういう人を落とすかを考えてみましょう。その上で、”落とされなさそう”な人物となればよいのです。

 今自分自身に不足しているものを知ることで、不安は解消できます。理由を理解した上で、下記のような”落とされそうな”要素を潰していきましょう。

落とされそうな要素

  1. マイナス思考の感じられる志望動機
  2. ⇒給料が安い、休みが少ない、人間関係が悪いなどの理由は現職場への愚痴に終わってしまう。

  3. どこの会社にも使い回しできるような志望動機
  4. ⇒この会社でなければならない理由として納得させるには弱い。

  5. 自分はこんなことが「やりたい、できる」を過剰に訴える
  6. ⇒チームワークを乱したり、自信過剰と誤解されることになりがち。

  7. 条件や待遇に固執する態度や質問
  8. ⇒ひとりよがりな印象を与え、評価を下げてしまいがち。

 20代は何事においても実践経験は不足気味です。それゆえに転職スタートへの不安も大きいかと思います。不安を解消するには、準備を抜かり無く着実に進めて行くのが賢明です。

この記事はお役に立ちましたか?シェアしてもらえたら幸いです。

公開日:
最終更新日:2013/11/13