web analytics

20代向け転職サイト情報まとめ

最近は20代で転職を考えている方は、少なくありません。当サイトでは、 20代向け転職サイトと転職情報を紹介しています。おすすめの求人サイトから転職活動のポイント、面接対応などの情報を記載しています。

*

「この転職は失敗だった」と感じたらどうすれば良いのか

   

時間は有限

 20代は修行の時代。だから大抵のことは我慢しないと立派な社会人になれない、等と20代転職者への非難が集中する一方で、善は急げ的な発想で、早い転職への決断を勧める傾向もあります。

 就職して間もない20代で転職の味を覚えてしまうと辞め癖がついてしまう、等という方もいますが、これはケースバイケースです。とはいえ五分五分、つまり忍耐と転職のバランスのことですが、そういうわけではありません。当然年齢が上がっていくにつれて、このバランスが忍耐の方へシフトしていきます。

 というわけで20代ではどちらかというと転職すべきといった見方が上回ります。それも20代とあっては尚更です。時間は有限ですから、失敗したと思ったら諦めではなく、前向きな決断の意識をもって転職し、早く将来へ続く自分の仕事を見つけることが何よりも重要です。20代、それもできるだけ早い時期に見つけることがとても大切になってきます。

結果は自分が作る

 転職は失敗だった、という事態はそのほとんどが自分の準備不足の結果です。認識不足、人や仕事の好き嫌いで転職する、といった甘い考えが導き出す結果です。こうしたことではいくら20代の転職とはいえ、20代を終えるまでに最低もう一度、そして30代、40代と転職し続け、落ち着いた職に巡り合うことなく過ぎてしまうのが落ちです。

 こうなると落ち着ける職に就けなくしたのは誰より自分が撒いた種なのです。退職金ももらえない、貰えてもほんの僅かでしかない、出世しない、満足に賞与も出ない、そんな境遇に陥ることになりかねません。

 ですから「転職は失敗だった」ということで再び転職することはいいのですが、何故転職するのか、二度転職しないためにはどうすればいいか、本当に転職しなければならないのか、その会社特有の理由で辞めるのかをきちんと見極めることが重要です。

 特に「会社特有の理由」があるのかが重要です。大抵の会社にあり得ることで辞めるなら、例え20代であっても転職は思いとどまった方が賢明です。くれぐれも転職癖(退職癖)等にならないことがとても大切なのです。

 - 転職ノウハウ

  関連記事

20代転職で転職理由の伝え方
20代はキャリア形成の時期
年末年始の間に転職活動の準備をしよう。
会社都合の退職は転職に不利かどうか